イベント

音楽好きの結婚式入場曲はインディーズロックバンドで決まり!動画

一生に一度の結婚式。新郎新婦の性格や趣味が露わになります。音楽好きなら定番すぎるのも嫌だし、こだわりすぎて誰も知らない、楽しめないなんて曲もあります。人とは違う結婚式の入場曲・BGMに邦楽インディーズロックバンドの曲がオススメです。一度は聴いたことがある曲や初めて聴いてその場で楽しむことのできる曲ばかりを厳選してみました。

Sponsored Link

特に今回は、大事な結婚式・披露宴の入場曲をご紹介します。これから始まるパーティを前に期待感を高める入場曲ばかりです。結婚式が終わった後に「入場曲良かったよね」みたいな話になること間違いなしと思います。

選曲は曲の歌詞内容については省き、楽曲や聞きやすさのみで選んでいます。ご了承下さい。

What Comes After The Parade」riddim saunter

riddim saunterは、2002年結成のバンド。インディーズロックバンドの中でも復活を望むファンも多く、ミュージシャンからの支持も熱い。2015年には「引っ越しのサカイ」のCM曲にも起用された入場曲にピッタリの曲です。

「Voice」androp

 

 

 

 

 

 

 

2008年にボーカル・ギターの内澤崇仁を中心に結成し、2011年にメジャーデビューしたandrop。十代後半~20代前半のバンド好きに絶大な人気を誇っている。音源リリース前の新人としてSUMMERSONICに出演した異例のバンドです。Voiceテレビドラマ主題歌として使用され、イントロ部分から楽しい予感を感じさせる曲になっています。

「今を生きて」ASIAN KUNG-FU GENERATION

もはやベテランバンドとも言えるASIAN KUNG-FU GENERATIONのデビュー10周年に発売された「今を生きて」テンポの良い楽曲が入場曲にピッタリです。またはエンディングロールにオススメです。

「LEMONADE」THE BAWDIES

THE BAWDIESは学校法人和光学園の同級生で結成されたバンドで、2011年には日本武道館公演を行っている。イケメンヴォーカルのROYを中心に絶大な人気を誇るバンドです。LAMONADEは向井理が出演したCMに使用されたミディアムテンポの曲。

安住紳一郎とBAWDIESのROYが似てる!?髪型身長を比較!

向井理と田中啓史とオードリー若林と田中圭は似てる!皆イケメン!

「ROCK ME BABY」THE BAWDIES

Sponsored Link

向井理主演の人気ドラマ「ハングリー!」の主題歌として、一般の方も一度は耳にしたことのある楽曲のため入場曲で使用されれば会場全体で楽しめること間違いないでしょう。

「 You’re So Sweet & I Love You 」[Alexandros]([Champagne])

2014年にバンド名を[Champagne]から[Alexandros]に変更し、話題を呼んだメジャー2ndシングルです。イントロからパーティ始まりを期待させる曲調になっています。入場曲やしんみりした退場が苦手というカップルにもオススメの1曲です。

「WHY」COMEBACK MY DAUGHTERS

音楽好きのためにあるようなバンド COMEBACK MY DAUGHTERSの4th Album “Outta Here”に収録されている曲です。MVも特徴的ですが、なんといってもクォリティの高い楽曲が魅力です。結婚式で使用するのであれば、4th Album “Outta Here”の1曲目のSecret CastleをオープニングムービーのBGMに使い、WHYで入場するという使い方も良いと思います。

 「Walk Along”」OCEANLANE

既に解散はしているもののコアな音楽ファンからはOCEANLANEの復活を望む声も多い。彼らの楽曲はどの曲も爽やかで結婚式のどの場面にも使用できる曲が多い。今回は、疾走感のあるイントロが魅力的なWALK ALONGを選びました。

「The letter」 Short Circuit

90年代~2000年代のメロコアブームの中でいち早くメロコアから脱却し、自分たちらしさを確立させたSHORTCIRCUIT。特徴的なイントロが心地よい。入場曲にも良いがお色直し後の再入場にも適していると思います。

「ワンダーフォーゲル」くるり

最後は、くるりです。言うまでもなく音楽好きにはたまらないバンドですよね。入場曲に相応しい曲はたくさんあると思いますが、アップテンポのワンダーフォーゲルを選んでみました。

URL
TBURL
Return Top