エンタメ

長友佑都と彼女の平愛梨の出会いは三瓶のアシスト!ブログで語る!

サッカー日本代表の長友佑都選手と彼女の女優でタレントの平愛梨さんが交際していると報道がでました。また出会いのきっかけになったのが、芸人三瓶さんのアシストだったようです。サッカー選手と美人妻というカップルを世界中で見ることができますが、イタリアの名門インテルに所属している長友佑都選手のことですから、世界中で交際の話題が広がるものと思います。

Sponsored Link

早くもインターネット掲示板やSNS上では、長友佑都選手と彼女の平愛梨さんの出会いは?などの話題でもちきりですが、平愛梨さんが長友佑都選手との交際について自身のブログで語っています。

今回は、熱愛報道が報じられた長友佑都選手と彼女の平愛梨さんの出会いについて調べてみたところ、芸人の三瓶さんが関与していることがブログで分かりましたの書いてみます。

長友佑都選手と平愛梨さんの簡単なプロフィール

4444参考:サッカー日本代表の金森健志の彼女は内村麻美!?インスタで発覚!

長友佑都さんは、愛媛県出身の1986年9月12日生まれの29歳。プロサッカー選手。サッカー歴は名門東福岡高校から明治大学に進学し、FC東京、イタリア・チェゼーナを経て、セリエA・インテルナツィオナーレ・ミラノに所属しています。ポジションは主にサイドバック、サイドハーフ、ウイングバック。日本代表としては、2010年、2014年のFIFAワールドカップに出場し、2018 FIFAワールドカップで三大会連続出場を狙う日本代表不動の左サイドバックです。

4444彼女の平愛梨さんは、兵庫県出身の1984年12月12日生まれの31歳。身長は155cm。スリーサイズは85-58-88と抜群のプロポーションの持ち主です。女優・タレントとしてドラマや映画、バラエティで活躍しています。映画やドラマ、舞台を中心に女優として活躍しながら、日本テレビ系「ヒルナンデス」などのバラエティに出演するなど、マルチな才能を発揮しています。

お二人とも人柄もよくお似合いのカップルですし、世間一般的には結婚適齢期と言われる年代ですので、シーズンオフに入った長友佑都選手がオフの間に入籍報告するのではないでしょうか。

長友佑都と平愛梨の交際の出会いは?きっかけは?

Sponsored Link

長友佑都選手と平愛梨さんの熱愛報道が報じられ、日本代表合宿中の長友佑都選手は取材に対して「大切な人、アモーレ」と答えています。インターネット掲示板やSNSでは「アモーレって何?」などの話題が続いているようです。また長友佑都選手と平愛梨さんの出会いはいつ?きっかけは?という話も盛り上がっているようです。

長友佑都選手は、合宿中ということもあり報道陣に対して短くインタビューを終わらせていますが、彼女の平愛梨さんは自身のブログ「平愛梨 オフィシャルブログ 「Love Pear」」で、今回の報道について次のようにのべています。

サッカー選手の長友佑都さんとお付き合いさせて頂いてることは本当です。
交際期間は1年です。
妊娠はしていません‼︎
私の親友‼︎三瓶さんが長友さんの大ファンだったことから都内で長友さんの友人と私と三瓶さんでお食事しました。
街中にある長友さんの看板のイメージとは全く違いケラケラ笑い、三瓶さんとの雰囲気も非常に良く出逢った時から素敵な方でした。
なんと長友佑都さんと平愛梨さんの出会いと交際のきっかけになったのは、芸人の三瓶さんだったようです。しかもよく読んでみると、「私の親友!!」と書いてあります。サッカー大好きな芸人三瓶さんのことなので、てっきり長友佑都選手と親友かと思っていたら、三瓶さんは平愛梨さんと親友のようです。さらっと読んでしまうと勘違いしてまいますね。
 
お付き合いさせて頂くことになりきっかけである三瓶さんに報告したら「他の男女より、誰よりも応援します」と力強い言葉を頂きました。
三瓶さんの力強い応援の言葉が素敵ですよね!サッカー好きの三瓶さんのことですから、長友佑都選手と彼女の平愛梨さんにナイスアシストを決めたのでしょうね。また長友佑都選手から結婚を前提にお付き合いを申し込まれたとブログに書いてありますので、三瓶さんのアシストを長友佑都選手がゴールしたということですね!
4274-horz
 
サッカーの試合であれば、左サイドから味方に向かってクロスボールを上げてアシストをする長友佑都選手ですが、今回、彼女の平愛梨さんに対しては見事に自分でゴールを決めたようです。サイドバックでありながら、ゴール前に出現し、ゴールを決めまくっていた若い頃の長友佑都選手を思いだしますよね。
 
今回は、熱愛報道が報じられた長友佑都選手と彼女の平愛梨さんの出会いについて調べてみたところ、芸人の三瓶さんが関与していることがブログで分かりましたの書いてみました。お二人の末長い幸せを願います。
URL
TBURL
Return Top