CM

【ルーヴル美術館特別展】米津玄師の新曲ナンバーナインの意味は?

若い世代のサブカル系やロキノン系の代表的な男性シンガーソングライターの米津玄師さんが新曲「ナンバーナイン」を発表します。新曲ナンバーナインは、7月22日~9月25日に開催される「ルーヴル美術館特別展『ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~』」のCMに抜擢されています。

Sponsored Link

米津玄師さんと新曲「ナンバーナイン」の意味について個人的な観点から書いてみたいと思います。

【画像】米津玄師さんは天才!

米津玄師米津玄師さんは、若い世代を中心に人気を誇る男性シンガーソングライターです。徳島県出身の25歳の米津玄師さんは、男性シンガーソングライターで曲や歌詞など共感する部分が多く、サブカル系やロキノン系と言われるファンから絶大な支持を受けています。またシンガーソングライターとして楽曲だけでなく、自身のMVやアルバムジャケット等のイラストは全て自身が手がけており、またアーティスティックな一面も持ち合わせているため、米津玄師さんが「天才」と呼ばれているのも過言ではありません。

個人的な感想を言えば、歌声はRADWIMPSを彷彿させるような声ではありますが、米津玄師さんの歌詞は共感できる部分が多く、一度米津玄師さんの曲を聴いてしまえば、過去に経験したような場面や今実際に体験している自分と照らし合わすことができ、楽曲を聴いただけで、場面の情景が目に浮かび涙が溢れだしてしまいます。

2266日本を代表するミュージシャンであり、唯一無二の存在であることは、間違いないと思います。特に米津玄師さんの2014年にリリースされたアルバム「YANKEE」に収録されている東京メトロ Color your days. CMソングの「アイネクライネ」は、何度も何度も繰り返して聴いてしまうほど、愛に溢れた楽曲で若い世代だけでなく、誰もが聴いても納得できる楽曲です。(泣かせるな、米津玄師)

米津玄師の代表曲【動画】

  • 米津玄師 MV『vivi』

  • 米津玄師 MV「メトロノーム」

  • 米津玄師 MV「アイネクライネ」

どの楽曲も天才シンガーソングライター米津玄師さんの魅力が引き出されています。本当に素晴らしいです。個人的には、米津玄師さんのようなシンガーソングライターがもっと脚光を浴びるような音楽シーンになってほしいと思っています。

米津玄師の新曲ナンバーナインの意味は?

Sponsored Link

7月22日~9月25日に開催される「ルーヴル美術館特別展『ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~』のCMに抜擢された米津玄師さんの新曲「ナンバーナイン」ですが、曲名のタイトル「ナンバーナイン」の意味するものとは何なのでしょうか?

米津玄師さんは、今回の「ルーヴル美術館特別展『ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~』のCMに起用されたことについて次のようにコメントしています。

こどもの頃から将来の夢は漫画家だった僕にとって、こういう形で偉大な漫画家さんたちと関われることを光栄に思います。彼らの緻密に作り上げられた作品に恥じることのないようにありたいと思っています。

「古いものと新しいものを繋げるにはどうしたらいいんだろうとか考えているうちにたどり着いたのが、この新しい“ナンバーナイン”っていう曲です」 

出典:http://ro69.jp/news/detail/142360

今回のルーヴル美術館特別展『ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~』は、有名マンガ家が多く参加し、漫画を通してルーヴル美術館の魅力を伝えていくという企画です。参加の漫画家は、荒木飛呂彦や谷口ジロー、松本大 洋などが参加しています。

CMには線画で描かれた展覧会のオフィシャルサポーターである菜々緒が登場し、荒木飛呂彦、谷口ジロー、松本大洋ら本展に出展する16人のマンガ家が描いた世界を旅するストーリー

ルーヴル美術館特別展も魅力的ですが、CMの豪華さも気になりますよね。

米津玄師さんは、幼い頃から漫画家になりたいという夢を持っており、今回のルーヴル美術館特別展『ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~』のCMに起用され、米津玄師さんなりの有名マンガ家やルーヴル美術館特別展へのリスペクトから、新曲のタイトルを「ナンバーナイン」と銘打ったのではないでしょうか。

今回は、男性シンガーソングライターの米津玄師さんの新曲「ナンバーナイン」が起用された「ルーヴル美術館特別展『ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~』」のCMと米津玄師さんと新曲「ナンバーナイン」に秘められた意味を個人的な感想を混じえて書いてみました。

URL
TBURL
Return Top